ジョンシンドラマキャスティング最終決定

  • Day:2012.08.29 00:00
  • Cat:News

 
'CNBLUE'イ·ジョンシン、演技合流.. '私の娘ソヨンが "でデビュー



111224-ray.jpg


 
111224-ray.jpg





バンドシエンブルーのメンバーイ·ジョンシンが"私の娘ソヨンが'
を通じて演技申告式を払う。
KBS 2TV新しい週末ドラマ '私の娘ソヨンが"に
"イ·ジョンシンが来月15日放映予定"私の娘ソヨンが"に最終キャスティングされた"と明らかにした。

これに伴い、イ·ジョンシンはCNBLUEのメンバーチョン·ヨンファ、カン·ミンヒョク、
イ·ジョンヒョンに引き続き最後に演技に合流することになった。
イ·ジョンシンは自分の型ウジェ(イ·サンユン)、姉ミギョン(パク·チョンア)とは異なり、
勉強は全校最下位、素敵賭全校1位の傍若無人"問題児"末っ子の息子姜星財役を引き受けたし、
家庭教師であるソヨン(イ·ボヨン)を片思いするようになり勉強に関心を見せる人物だ。
演技に合流することにしたイ·ジョンシンは"
子供のころから様々なドラマを接ししながら演技に対するあこがれがあった"
としながら"演技欲があったのでいつか私これ来る機会を準備していた"と伝えた。
所属事務所の関係者によると、イ·ジョンシンはドラマのオーディションスケジュールの情報を随時に点検し、
演技に対する欲を露出されたことが分かった。
これイ·ジョンシンは"私の娘ソヨンが"出演を確定した後、
ドラマに参加ようになった覚悟を問う質問に
"シエンブルーのメンバーたちが演技するドラマはほとんどヒットが出た"
としながら"多くの先輩演技者の方々と一緒にということ自体だけでも途方もない経験であり、光栄だが、
視聴率40%を超え、国民ドラマになったら良いだろう"と率直な抱負を明らかにした。
一方、 "国民ドラマ'隊列に合流したKBS 2TV 'ノングクルチェ転がってきたあなた"
後続で来月放映予定"私の娘ソヨンが"は無能で愚かな父の娘に生まれた不幸のために
婦女の凧を自分で切ってしまった娘(イ·ボヨン)とはいえ、
子に最高の父になりたい娘の毒気まで抱きしめ父(チョン·ホジン分)で、
血縁、その以上の意味を振り返って見ることができる家族劇である

< 出処 Breaknews >





 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。