スターコラム ジョンヒョン ②

  • Day:2012.09.17 00:00
  • Cat:News



[スターコラム-シエンブルルイ・ジョンヒョン] 2部. 私は愛の妨害屋?

テコンドー少年、誘導青年でシエンブルル、そしてコリンに会うことに決心したイ・ジョンヒョン.
難関を体験して、いよいよ‘その日’がきた。
全てのものがぎこちなくて下手だったが、真心は通じる方法。
彼は徐々に‘コリン’を受け入れた。 以後からは少しずつ欲も出た。
どうにか劇に邪魔になることは止めようという確約は‘コリンを輝かせることができる方法’を探すに至った。
そして彼の心も分かりそうだった。
ジョンヒョンはそのようにコリンになって行った。

4月12日待望の紳士の品格’初めての撮影があった日。
イテウォンのクラブでキム・ハヌル先輩を初めて見ることになった。
映画‘同年齢課外下記’を本当に印象深く見た私は目前に迫るキム・ハヌル先輩を見て、震える心を隠せなかった。

また、一つでは‘もう本当に開始だな’という心も持って、さらに熱心にするべきだとの覚悟も確かめた。 舞台の上とはあまりにも他の環境に全てのものが見慣れなかったが、親しく対してくれるスタッフらと先輩おかげで無事に初めての撮影を終えた。演技をしてモニターをする時、画面の中私の姿は本当にぎこちなかった。
だが‘徐々に良くなるだろう’と自らを軽く叩いた。
全てのものが新しかったその日、私はコリンに初めて会った。

1.このような光栄がまた、あるだろうか

本格的に撮影に突入、次から次へ他の先輩とも対面した。
チャン・ドンゴン、キム・ミンジョン、キム・スロ、イ・ジョンヒョク、パク・ジュミ先輩等等.
名前だけ聞いても‘ウワー~’感嘆の声が出てくるほどすごい先輩前で演技をしている私が、
私も珍しいほどであった。



 
111224-ray.jpg



撮影会場では台本練習の他に違うものはほとんどしなかった。
いつも、暇さえ出来れば台本を開いて持った。
演技練習相手は会社室長! 室長が時にはチャン・ドンゴン先輩、時にはこだまで私の相手役になられた。
そのように普段にも頭の中はすべてコリンだけだった。

ディテールな部分をキメ細かく教える先輩おかげで撮影会場が一層楽になった。
たくさん見慣れなくてまた、全てのものが難しい私に先輩の助言は‘宝物’とも同じだった。
特に紳士4人衆、先輩は銅線と視線、そして声トン、大使など多いことを神経を使って下さった。
演技が初めてだと下手な私に常に笑いながら几帳面に知らせられたおかげで本当に大きい力になった。

劇が中盤部に向かって行って、自分にも深みある演技が必要な時点がきた。
切なくて切実な目つき演技も、苦々しい表情演技も、全部私の持分(役割)だった。 ‘
どのようにすればコリンの心をさらによく表現することができるだろうか?’
苦悶に陥るときは、チャン・ドンゴン先輩が大きい助けになられた。

まだ劇を理解するのも、監督様の説明もわかるのが難しい私だったので気楽な日がなかった。
そのような私にいつも先に手を差し出して下さったチャン・ドンゴン先輩.
先輩は劇中キャラクターより実際の姿がはるかに素晴らしい方だ。
どれくらいキメ細かく用意しますか本当にお父さんのような感じを受けることもした。
ある日はチャン・ドンゴン先輩が‘息子ジュンヒョクが君だけに大きかったら良いだろう’でして感動した。
事実‘先輩’という呼称までも‘兄’と呼べとおっしゃって、安らかに対してくれられた。
そのような安らかさが私には大きい喜びであり、幸運だった。

キム・スロ先輩は皆が皆知っておられるように多くの人々にハッピーウイルス、笑いを伝播される。 先輩のおかげで現場での緊張感も緩んだし、撮影の雰囲気はいつも和気あいあいだった。

次はキム・ミンジョン先輩! 温みの結晶体というだろうか?
スタッフ、俳優の間で最も人気が高い方だった。
劇中チェ・ユンとはシンクロ率120%!! 実際のそばで見れば好まないわけにはいかない魅力を持った男だ。
イ・ジョンヒョク先輩は演技)に対してディテールな部分まで几帳面に知らせられた。
現場でとても大きい助けになられたので常に感謝した気持ちだけ.



 
111224-ray.jpg




4名の先輩は俳優だけでなくスタッフも一名ずつ全部取りまとめられた。
その姿を見て私も‘あのように素敵な人にならなくちゃ’念を押した。
省けないこだま! 事実撮影に突入する前に自分にもラブラインがあるかも知れないから準備をしなさい
と言って慇懃期待をしたが,私もやはりチェ・ユンとめありカップルを支持するからパス!
こだま駅のユン・ジンイとは同い年だ。 それで現場の可愛気は私たちが一人占めした。
ハハ。 二つともドラマ出演が初めてだと互いに応援しながら気勢を得た。

改めて‘私がこのようにすばらしくて良い俳優らと共にすることができるとは’、感謝してまた感謝した。

2.ブラウン管の中私の姿

初めての撮影を始めて薬一ヶ月が去る時点に放送もスタート!
‘ア、もう私の姿を多くの人々が見るだろう’考えると今一度震えた。
5月26日午後9時55分、私は‘神社(紳士)の品格’ 1回を視聴した。
初回は私が出てこなかったためにそれなりに心をおいてみることができた。 ハハ。
本当におもしろかったし、視聴者として次の話がどのように繰り広げられるのか私もやはり期待された。

そしてもう一度、良い作品にご一緒して光栄だと口ずさんだ。
一緒に初回から視聴者たちを圧倒して、劇に没頭するようにさせる先輩に向かった尊敬心はより一層大きくなった。

もう私が、その隙間に飛び込むと考えると‘ドキドキ’. ときめき半分、恐れ半分である私にコリンは‘また他の私’を発見するようにした。

劇3回から本格的に私の姿がブラウン管を通じて出た。
事実シエンブルルメンバー、私たちは互いに良い話だけをしてくれない。
それが素早く痛い時もあるが、かえって有難かった。
近い仲であるだけに率直に、指摘も熱く! 事実それでさらに熱心にした。
私が上手にしてこそ良い話を聞ける場合があるので、緊張の連続! ハハ。

ところで痛みもあった。 ア~痛みというよりは私に‘忠告’、‘助言’と話をしなければならないだろう。
すぐに視聴者たちの苦言であった。
苦言の中にはむちゃくちゃに攻撃をする方たちもいた。
もちろん論理整然に忠告する方たちもいて私に多いに役に立ったが。

皆に感謝申し上げる。 ‘ムプル’よりは適切な忠告と苦言が私には感謝するだけだった。
私やはり過去視聴者の立場でそういう話をたくさんしたので当然のことだと考えたし、
心を十分に理解することができた。

痛かったのだが空しいことも、また空しくてもならないというのを知っていた。
代わりにずっと熱心にして最善を尽くす姿を見せれば私がいつかは通じないだろうかという小さい期待はしてみた。 熱心にする方法他には何もなかったから。




 
111224-ray.jpg



 
111224-ray.jpg





特に私は渡津(チャン・ドンゴン役)と履修(キム・ハヌル役)の間に突然飛び出してきた‘
愛の妨害屋’ではないのか。 嫌うのも当然だろう。 ハハハ。
撮影が度重なるほど次から次へと思い付く考え一つ.
‘ナ・ヨンギしなかったらどうするところだっただろう?’.
おかしな意地を折るようにしたコリンに向かった有り難みはますます大きくなっていった。

何よりイ・ジョンヒョンがコリンという名前でさらに有名になるとご両親が本当にお好きだった。
事実毎度シエンブルルのイ・ジョンヒョンを説明するのに大きい困難を経験したお母さんはその間私を隠された。 ハハ。 ところで今は説明に‘コリン’を入れれば簡単に知るようになって下さると、うれしがられるようだ。
今後もご両親の前に誇らしい息子になることができるようにさらに努力しなければならないと念を押した瞬間だった。
ドラマが中後半をすぎて終わりに向かう頃、終わりという考えに空しい気がした。
オリンピック中継路1週が欠放された時、ずっと欠放されて最初から終わらなかったら良いという考えまでした。

演技と音楽は完全に違ったみたいながら、また、共通の何を有しているようだ。
感情を表現する面では同じだが、伝える方法においては違う。
音楽をしながら感じた何となく寂しさを演技を通して満たしていった。



 
111224-ray.jpg




そして少しずつ分かりそうだった。 作品を薦められた代表様がなさった
‘音楽をするのにも演技が助けになること’というお言葉を。
誰かに私の心を伝達するということ、
それはかなり難しいことであり同時に本当に魅力的であることでもある。

このようにコリンになった私は演技)の味’を分かったし、
歌手だけでなく演技者としての目標もできた。

私にコリンは? 新しい友人だ。 また他の私の姿でもある。
しばらく私と遊んで、おもしろくさせた、そしてしばしば見たいと思ったそのような友人. ウーン..。
今後見られないと考えるからなんだかさびしい気がする、
絶対に忘れることができないような私の友人コリン.

< 出処 NAVER >




 



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。