カムバック日決定

  • Day:2012.12.17 00:00
  • Cat:News


 


シエンブルー、来年1月14日歌手カムバック



111224-ray.jpg




バンドシエンブルーが来年1月14日、新しいアルバムでカムバックする。
CNBLUEは去る15日と16日両日間ソウル、芳夷洞オリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場で開かれた
国内四回目の単独コンサート"ブルーナイト"公演でこのような事実を明らかにした。
今年の一年のメンバーたちが様々なドラマで主演級に成長し、
チームの認知度を引き上げたこれらは去る3月に発売した"続きファン(EAR FUN)"以後10ヶ月ぶりに本業に戻る。シエンブルーの"カムバック宣言"に2回合わせて8000人の観客は歓呼の声で迎えた。
CNBLUEは今回の公演で、毎回約3時間の間24曲を熱唱して1年ぶりに国内公演を訪れたファンたちを熱狂させた。
特に自作曲を中心に一層成熟した舞台マナーと演奏の実力をお目見えして1月カムバックに対する期待感を高めた。"ヘイ·ユー(Hey You)"で公演のドアを開いたシエンブルーは、
"直感"、 "ひとりぼっち"、 "まだ愛する"など国内ヒット曲をはじめ、
イ·ジョンヒョン自作曲"ディーズデイズ(These Days) "、"ゲット·アウェイ(Get Away) "、
チョン·ヨンファ自作曲'愛の光'、 'ヘブアグッドナイト(Have a good night)、"インマイヘッド(In My Head) "、"ウェイクアップ(Wake up) "
などを熱唱した。特に2011年と2012年の大きな愛を受けたドラマOST
'君は僕に惚れた"と"私の愛'をチョン·ヨンファとイ·ジョンヒョンがそれぞれ披露し、
大きな呼応を引き出した。

< 出処 edaily >





 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。