新年インタビュー ヨンファ

  • Day:2013.01.02 00:00
  • Cat:News



今までは高速道路に乗って疾走をしてきたと思います。 " "ベムチスター" チョン·ヨンファはデビュー後、2012年までに、自分の所属しているバンドシエンブルーの成長過程を"高速道路"に例えた。それだけ確かな道を走ってきたのだ。チョン·ヨンファは去る2009年ドラマ' 美男ですね 'でデビューした後、演技者と歌手など二つの分野で急速に地位を固めた。2011年にはドラマ" 君は僕に惚れたの 'の男主人公を引き受けた。リーダー兼ボーカルのシエンブルーは、同じ事務所FNC エンターテイメント所属であるFTアイルランドと一緒にパフォーマンス重視のアイドルグループが主導するKポップ市場でバンドで頭角を現わした。日本でも2011年10月発売されたメジャーデビューアルバム"In Myヘッド(In My Head)"が、日本レコード協会から10万枚以上販売されたアルバムに付与するゴールドレコード等級を受けたのをはじめ、昨年にも"ウェアユー·アー( Where you are) "がオリコンデイリー、ウィークリーチャートでそれぞれ1位に上がるなど韓流の一軸を担当した。昨年はイギリスとアメリカLA、南米でも公演をして活動領域を広げた。





 
111224-ray.jpg






"デビュー後初めて迎えるベムチしてないでしょう。私しろという考えに何かよくなるようで、列が生じます。今振り返ってみると忙しく時間を過ごしたほうが良い成果につながったと思います。新年には一喜一憂せず、楽な気持ちで熱心にするつもりです。 " 走ると停止時もあるものだ。チョン·ヨンファは自分とシエンブルーは、まだその時期ではないとして自信を表わした。チョン·ヨンファは"その中にすべてのことがうまく解けるだけしたのが負担にもなりました。それとともに休みたいという思いをしたことも多いですね"と話した。チョン·ヨンファの2013年の抱負は決して小さくない。スケジュールも年初からギリギリだ。14日、新しいアルバムの発売が予定されている。初のワールドツアーも準備中だ。チョン·ヨンファは"アメリカのニューヨークでの公演をしてみたい。中国などアジアで行ってみていないところで確固たる地位を取り揃えて先輩サイのようにゼロ·ミグォンに進出できるようにキャリアを積み重ねたい"と説明した。これにより、2013年にシエンブルーの本格的なグローバル市場の飛躍のための元年にするというのがチョン·ヨンファの抱負だ。2012年シエンブルーの他のメンバーたちは皆ドラマに出演して演技者としての地位を新たに築いた。チョン·ヨンファはこの期間に作曲·作詞に邁進した。快適に曲を書けば良い曲が出てくるという考えに所属事務所に要請をして勝ち取った時間だった。おかげでチョン·ヨンファはFNCエンターテイメント後輩ジュニアエルとAOAのデビューアルバムに曲を与えてシンガーソングライターとしても注目を浴びた。"アイドルグループがたくさん出てきたマニア層を確保したインディーズ音楽も存在するでしょう。両方の市場がよくオオロジョソ共生することができる環境が造成されればと思います。それが大衆音楽が発展することができる方向だと思います。新年には、歌だけでなく演技、作曲などでより忙しい時間も過ごしたい。

< 出処 daumnews >







 



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。