インタビュー記事

  • Day:2013.01.23 00:00
  • Cat:News

 

シエンブルーが語る "演技"と "音楽"の相関関係(インタビュー)


111224-ray.jpg





まさしくマルチエンターテイナーの全盛時代だ。
アイドルがミュージカル舞台に飛び込んで、マイクを握った俳優は演技ではなくラップをする。
芸能番組の音源がチャート上位圏に名前を上げて、既成歌手らないかな人気を享受したりもする。
バンドシエンブルー(チョン·ヨンファ、イ·ジョンヒョン、イ·ジョンシン、カン·ミンヒョク)もその幽玄な境界で綱引きをしている。
昨年テレビ劇場で旺盛な活動を広げたこれらは去る14日4枚目のミニアルバム"リブルー(Re:BLUE)"を発表し、
10ヶ月ぶりに国内の音楽活動を再開した。
代表的な"演技ドル(演技者+アイドル)"として数えられる四人の男が再び楽器を持って本業に戻ってきたこと。


新しいアルバム全曲はメンバーたちの自作曲で満たされた。
デビュー以来初めてリーダーチョン·ヨンファの自作曲"アイム·ソーリー(I'm sorry)"
をタイトルに押し出す挑戦を試みた。
このほか、コーヒー愛が格別のチョン·ヨンファの自作曲'コーヒーショップ(Coffee shop)
"イ·ジョンヒョン作曲の"や君より"など多彩なジャンルの自作曲でおしゃれを生かした。
音楽的な自信は相変わらずで、グループ内的には、より成熟しにくいとなった。
今年は韓国バンド初のワールドツアーも計画している。
昨年の演技挑戦に続々と成功した中でメンバーたちは"演技をしながら音楽が増えた"と口をそろえた。
21日午後ソウル鴨鴎亭洞FNCエンターテイメント社屋でシエンブルーに会って、
新しい音楽と挑戦そして演技に対して率直に話を交わした。


-10ヶ月ぶりにカムバックだ。違いたことがある場合。

▶(イ·ジョンヒョン)
何よりも周囲の視線がたくさん変わって幸せである。
演技もそうだが、最近スタッフの方々がライブ舞台もさせていただいて、
信じて見てくださる視線がひとつふたつずつ出来て気持ちがいい。

▶(カン·ミンヒョク)
以前であれば、CNBLUEの怪しげな方々がいらっしゃった。
しかし、直接ライブ公演を見て驚かれる方が多かった。
後日、むしろかっこよく撮影してくださると思っスタッフや監督様がたくさん気を遣ってくれた。

-アルバム誇りを見てくれ。
▶(チョン·ヨンファ)
合計6曲が入っている。自作曲でアルバムに参加した。
日本では自作曲をタイトルで活動したが、韓国では初めてだとより一層熱心に準備した。
▶(イ·ジョンヒョン)
常に枚のアルバムが出るたびに最善を尽くしますが、
毎年のことなのに成長した姿がたくさん盛られたみたいで嬉しい。

-タイトル曲が自作曲だと心配はなかったか。
▶(チョン·ヨンファ)
負担は大きかった。初めてだから上手くやるべきだと思うがあまりにも大きかった。
それでも努力しただけ出てきたようで後悔はない。
自作曲で活動すること自体にもおもしろくしている。

-大衆が見るにシエンブルーは、アイドルとミュージシャンの境界にある。
そうしたら作曲をすると誰が助けてくれないかという偏見もある。

▶(チョン·ヨンファ)
何かかかることがあれば気になるだろうそんなことは全くない。
中3の時から作曲をずっと勉強してきた。私自信があるからそんなこと気には使わない。
そんな反応に敏感に受け止めたくはない。

▶(イ·ジョンヒョン)
私は今回のアルバムに1曲を載せた。
より多くの参加したかったドラマが終わるやいなやすぐに録音が入った。
元々私がもう少し曲を書こうとしたがヨンファ兄さんが1年ほど休んで非常に多くの曲を持ってきたよ。(笑)

-歌詞 ​​が非常に毒だが経験談なのか。

▶(チョン·ヨンファ)
歌詞はちょっと見方をすれば小心見ることができる。
女性に話す前に我慢してきたことを書いたようだ。
"狂った"という歌詞は、私たちがしばしばの中で思っている言葉だ。
中に考えることができることを書き上げたそうだ。

▶(カン·ミンヒョク)
(歌詞を見て)間違った言葉が一つもないようだ。
直接的で胸がすっきりする。

-これまでの演技活動が歌詞を書くの助けたのか。

▶(チョン·ヨンファ)
確かに有用である。演技をしたり、見て、私以外の誰かの立場を味わうことができる。
私一人だけでは多くの愛をすることができる環境がないからそのような役割をしながら、
いくつかの心を感じるようになるようだ。
"コーヒーショップ"の場合、
ドラマを撮って時間が残って金曜日の夜にぎやかな弘大のコーヒーショップに行った
そこで別の星の人に会っような不思議な感じだった

-強烈な歌を書いた理由は1年間、他のメンバーたちが演技する中負担なのか。

▶(チョン·ヨンファ)
そんなプレッシャーは確かにあった。
プレッシャーを持って書いてみるとサウンドをより満たして見たらますますハードになったようだ。
私が書いた曲のスタイルがある異なることはないじゃないか。
考えてみるとアコースティックな曲を書いていたよ。
ところがジョンヒョンが完了してきた。(笑)


-メンバーたちが皆演技者としても成功した結果を得た。得と実は?
(チョン·ヨンファはすでに"お前は私に惚れたの''美男ですね'などに出演した。
昨年イ·ジョンヒョンが" 紳士の品格 "、カン·ミンヒョクが"棚ボタのあなた"に相次いで出演して人気を得た。
末っ子イ·ジョンシンは現在KBS 2TV ' 私の娘ソヨン "に出演中だ。)

▶(カン·ミンヒョク)
得を見れば得したわ実はなかった。
ただ出演するドラマを見ていただければシエンブルーを知ることになるから
認知度を積むのに確かに役立つだろう。

▶(イ·ジョンヒョン)
今、私は"コリン"( "神社の品格"で、イ·ジョンヒョンの配役)であることを知らない人になるように多い。
しかし、それより良いと思う。演技をしながら確実に舞台でも自信が活気だよ。
チームに多くの助けもなりたく積極的にすることになった。
▶(チョン·ヨンファ)
(この)ジョンシンが演技をしながら歌うが増えた。
精神がが音域が私と似ていて、日本ツアーしながら、サブボーカルをしながら、かなりよく手伝ってくれる。
(ファンが)一度私の歌を休んでいたが、私は歌ったのかわからなかったよ。

-ドラマでメンバーたちの認知度がすべて高まり、リーダーチョン·ヨンファの負担が減ったようだ。

▶(チョン·ヨンファ)
四人 ​​のドラマでもよくなるから負担が確実に減ったことはある。
かつては歌謡番組の舞台に立つ熱心にジェスチャーをしたが
そんなことをあえてしなくてもメンバーたちだ上手だから全体舞台がいっぱい満たされる感じがする。
メンバーたちも、私たちが最高という自信がついた。
▶(イ·ジョンシン)
デビュー(ヨンファ)だけでとんでもないスケジュールを消化することをそばで見守った。
とても申し訳なかっった。
明らかにようにするために、誰一人だけ仕事をするととても申し訳なかった。
今のように楽しく仕事して欲しい。
▶(カン·ミンヒョク)
最初はヨンファ兄さんが多集めてきた面もうみんな引っ張っていくようだ。
頑張ってくれたヨンファ兄さんにいつも感謝して考えているようだ。
私たちも遅れをとらないように努力することだ。

-歌番組で初ライブ舞台を披露した後の演奏に対する好評が多い。
発展することができるきっかけがあった場合。

▶(チョン·ヨンファ)どうしてもライブが勉強であるようだ。
一度に一人で練習するとされているわけでもないわけでもなく公演をたくさんしなくちゃ増えるようだ。
今回のアリーナツアーが終わった時、もう一回成長をしたことを感じた。
以前の公演を見て、本当見られない。過去横浜公演をして"私たちの伝説的な公演である"
と思ったその時、なぜそのようにしたのだろうかと思うよ。(笑)

▶(イ·ジョンヒョン)
公演をするたびにアップグレードされるようだ。
もうデビュー4年ガレージ足掛け3年が過ぎた。鳥肌が立つほどたくさん増えた。
CNBLUEのメンバーとしてするたびに凄まじい期待感が生じる。

-最近ふくらんだ' 無限挑戦 '音源市場独占問題について、どのように考えるか。

▶(チョン·ヨンファ)
個人的にされるようにおもしろく聞いている。
チョン·ヒョンドンの" 江北おしゃれ "よりハハの"セクシーボーイ"を好む。
むしろそのような音楽もあるのがうれしいと思う。
大衆の方々がとても整った歌だけを理由はない。
名手が、もちろん始めたばかりたとはいえ、
それだけの特異なものではないか。大衆が面白いと思ったことだろう、
我々が何ともすることができるではないと思う。
名手が熱心に準備して造られたことを知っているので私達がしてきた努力と一緒だと思う。

▶(イ·ジョンヒョン)
愛される理由があると思う。
生真面目に何を知って作った音楽より聞いて良いのが良い音楽だ。
おもしろという音楽ではないか。あえて計算しない。私たちも好きでいそれはされたようだ。

-今年の韓国バンド初とワールドツアーに挑戦する。最後に所感一言。

▶(チョン·ヨンファ)
何よりも舞台でのライブ公演をするのが一番楽しい。
夢見てきたワールドツアーをするようになって、
世界のあちこちにいるファンたちに会うことができるという考えに嬉しくてときめく。


<出処 daum スターニュース >




 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。