ヨンファに曲提供オファー殺到

  • Day:2013.01.23 00:00
  • Cat:News

 

シエンブルーチョン·ヨンファ作曲の実力東方神起ユノ·ユンホも認める






111224-ray.jpg






シエンブルーのリーダーチョン·ヨンファが東方神起ユノ·ユンホに曲依頼を受けるほど作曲の実力を認められた。去る14日発売されたニューアルバム"リブルー"は、
チョン·ヨンファが作詞、作曲した"アイム音"がタイトル曲がされた。
デビューしてから4年ぶりに自作曲をアルバムタイトル曲にしたのは所属事務所でも彼の作曲の実力を認めたということだ。
加えて、現在オンライン音源チャートでも5位以内に挙げ作曲家チョン·ヨンファの興行感覚も確認された状態だ。チョン·ヨンファは有毒作曲に欲が多い。
FNCエンターテイメントの積極的な支援により、後輩ジュニエルとAOAに曲を与えた。
昨年下半期一切の活動を中断して作曲にだけ力を注いだチョン·ヨンファは
生まれて初めて創作の苦痛を感じた"と告白するほどだった。
そのような努力は、現在の実を結んでいる。
状況がこのようだからチョン·ヨンファに曲を受けようとする歌謡関係者は増えている。
授賞式に会う仲間先後輩も気軽にチョン·ヨンファに曲をくれとお願いしている状況だ。
チョン·ヨンファは"昨年の授賞式で東方神起ユノ祐穂先輩に会った
'10周年記念アルバムに入る曲を書いてくれ"と頼まれた。
帝国の子供たちファン·グァンヒも同じだ"と話した。
以外にも所属事務所の代表や関係者を通じてチョン·ヨンファの曲を取得しようと
ラインを出す歌謡関係者も増えている。
チョン·ヨンファは周囲の反応を楽しむようだった。
しかし、チョン·ヨンファはまだシエンブルーのほかに、他人に曲を与えることは躊躇していた。
チョン·ヨンファは"曲の依頼が入ってくるという消息を聞いて気分が良かった。
しかし、他の方のアルバムに参加するというのがまだ負担になる"と話した。
チョン·ヨンファは最近後輩ジュニエル、AOAに曲を与えダンスとバラードなど多様な曲を作った。
新しいジャンルの曲を書いて創作の楽しさを感じた。
チョン·ヨンファは"後輩たちのために曲を書き、ダンスやバラードなど多様な曲を作る楽しさがある。
様々な曲を書いてみたい"と余韻を残し作曲への情熱を見せた。


< 出処 アジュ経済 >








 


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。