4つの音楽プログラムで生演奏

  • Day:2013.01.25 00:00
  • Cat:News


4つの音楽プログラムで生演奏

 
111224-ray.jpg





CNBLUEが"ライブ石"に傍点を打つ。 CNBLUEは25日KBS 2TV 'ミュージックバンク'と'ユ·ヒヨルのスケッチブック"、26日MBC"ショー!音楽中心"、SBS"人気歌謡"など4つのステージに上がってライブを披露する。生放送進行を基本とする音楽プログラムの特性上、バンドが週末に出演する4つの音楽プログラムで相次いでライブ舞台をお目見えすることは異例的な場合として受け入れられる。所属事務所FNCエンターテイメント側は"今回のCNBLUEのライブステージのために、各放送局の音楽番組の制作陣は深夜の時間に特別録画を進行する真心を注いだ"としながら"数百人のファンたちも遅い時間までライブ現場を守ってメンバーたちを応援する姿だったファンたちの熱い呼応の中行われたライブの舞台は、まるでシエンブルーの公演会場を彷彿させた"と伝えた。 シエンブルーは、ライブステージ、事前録画を終えた後、 "遅い時間まで一緒にしてくれたファンの方々にもっと感謝した心だけだ"とし、 "ファンの方々が楽しんでくれて演奏する私たちももっと神出て幸せだった"と所感を伝えた。 10ヶ月ぶりに国内舞台にカムバックしたCNBLUEは、ヨンファの自作曲である"アイム·ソーリー(I'm sorry)"との主な音源チャートを占領して突風を起こしている。

< 出処 スポーツ韓国 >






 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。