インタビュー記事

  • Day:2013.02.06 00:00
  • Cat:News
  
シエンブルー "男になった?年齢重ね、自然に... "





111224-ray.jpg







チョン·ヨンファ、イ·ジョンヒョン、カン·ミンヒョク、イ·ジョンシンで構成される、
CNBLUEは最近の言葉で"万チトナム"(マンガを裂いて出てきたように秀麗な外貌を持った男)の代表走者だ。
顔だけよく失敗するときではなく、これらも自分たちの仕事に真剣にまである。
ただ音楽をするのではなく、本当に"真剣に"自分の仕事をしている気がする。
今回の四番目ミニアルバム"Re:BLUE(リブルー)"を聞けばなおさら気がする。
シエンブルーが10ヶ月ぶりに国内発表している4枚目のミニアルバム"リブルー"は6曲、
全曲メンバーたちの自作曲で満たされた。
英国で撮影したアルバムジャケットもこれからもっと熱心に音楽に集中するという
あなたの青年の情熱がそのまま感じられる。
ソウル江南(カンナム)に新しく建てられたシエンブルーの所属事務所で彼らに会った。
明るく笑顔で挨拶をする姿が珍しく昔も今も変わっていない友達だ。
ジョンヒョン"所属事務所社屋を浮かべながら、私たちの作業室ができた。
だからもっと頑張らなければならないようだ。
あいにくデビューアルバム(2010年1月14)と同じ日、
今回のアルバムを発表することになった。
もともとは去年末にリリースされる予定だったが、
すればするほど、より欲心が生じて補完するもの生じた。
だから持ち越されながらかえってデビュー日に合わせようと思った(笑)
" 率直に音楽番組でバンドがライブで演奏をするのは容易ではなかった。
しかし、今回CNBLUEは可能なライブ舞台をしていてこういうことができるのには本人の努力はもちろん、
バンドもライブ演奏をすることができなければと言っ思った音楽プログラムたちの努力も一役買った。
ジョンヒョン"自作曲で満たしたことを誇りに話するが本当に面はゆい部分もある。
アルバムを作成するたびに最善を尽くして回を重ねるほどに発展する部分があるということは、
明らかに話したい。また、ライブ演奏面では、
最も変化がされたと感じた部分が関係者の方もそうで私たちに友好的という感じがするというのだ。
そんなことながら、より準備してもいい舞台見せなければならないと考えた。
ミンヒョク"今回の楽器までライブステージが多いみるとあまりにも面白くており、
自然な表情、しぐさが出てくるようだ。
私たちのために時間を奪われて、
このパートでは、この楽器を撮影しよう
とおっしゃってくれるから本当に感謝している。
" 自作曲の話といえば、最近のアイドルグループのメンバーたちの中にも自作曲を発表する場合が多く、
それに集中して話をする部分も多い。
あまりにも自作曲をたくさん発表しており、良い反応を得ているシエンブルー、
チョン·ヨンファが、この部分についてはどう思うのか気になる。
ヨンファ"その人たちがどのように処理するかわからないので、
私たちが聞いた話だけで話をすることはできない。
アイドルメンバーが作曲をすることに対してよく見る。
基本的に音楽をする人々であれば曲を書くのが当然だと思う。
私も休みの間の作曲家たち訪ねて行って、たくさん学びそうだった。
" シエンブルーがこの頃最も多く聞いている言葉の一つが"男になった"と話だろう。
秘訣は別にてはいないだろうか。

ジョンシン

年を取って自然にそのように見えるのではないか(笑)

ヨンファ

最近、本当に年をとったことを感じる瞬間が多い。
ミュージックビデオを見ると、昔の顔ではない。
ドラマ"美男ですね"を時々見るとどのようにあのように見えるかという気もする。

ジョンヒョン

どうしてもそう見えたらドラマをしながら自信感が生じ表現力がより豊かになってそんなことはないかと思う。

ジョンシン

確かにドラマをしながら各自自信ができたそうだ。
その自信が自然に舞台の上での自信につながって同時にツアーをしながらみんな忙しいスケジュールの中、
いくつかの経験も積もっそれとともに力量が大きくなったようだ。

ミンヒョク

ジョンシンが最も多く変わった。
日本ツアー回りながらドラマ撮影を進行する話にならないスケジュールを消化し ​​ているのに
文句一つない張りできているのを見て、本当に素晴らしいと思った。

ヨンファ

弟が本当に格好よいと思ったけどそんな思いを気づいたのか、
ますますもっと素敵になって食をくちばしたよ。
舞台の上で本当に素敵なジェスチャーも見せてくれてそんなことを見て、舞台がよりいっぱいだ。

" 昔からロックバンドとの強い社会批判を思い浮かべる人も多い。

その点から見れば、シエンブルーの今回のアルバムは、多少柔らかだと感じることもある。
ヨンファ"もちろんそう考えることができる。
しかし、今、私たちが感じている感情を捨ててまで批判精神を込めてべきかは分からない。
正直言うと、社会を強く批判したいよりも、現在恋愛にのどが渇いているというほうが正しいかもしれない。
まだ人生が幸せだ。もちろん、10曲程度収録することができる正規アルバムになったら、
今とは明らかに色の違うアルバムになるかもしれないという気がする。

ミンヒョク

最もよく聞く言葉の一つがどのような音楽をしたいのか、
どのジャンルが好きなのか部分です。
私たちはまだ幼くて音楽を継続するので至近すぐどんなジャンルを決めれば悲しいことだ。

ジョンシン

世間の方々は色がないともするアルバムも聞けば私たちの色である。

青年たちに自信がかかったときに、さらに素晴らしいという事実を実感させたCNBLUEは新しい挑戦を控えている。国内バンド初のアジアはもちろんヨーロッパ、南北アメリカ、オーストラリアなど
世界各地でワールドツアーを繰り広げるのだ。
そのワールドツアーが終わったらシエンブルーは、もう一及ぶ育つ。
なんとかっこいいれるのか、その時のときめいて待ってみる。



< 出処  SBSNEWS >






 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。