インタビュー記事

  • Day:2013.02.06 00:00
  • Cat:News



 
シエンブルーのように幸せだという言葉よくする人久しぶりだ




 
111224-ray.jpg









チョン·ヨンファ、イ·ジョンヒョン、カン·ミンヒョク、イ·ジョンシン
で構成され美男バンドシエンブルーが帰ってきた。
四番目ミニアルバム"Re:BLUE(リブルー)"に帰ってきたシエンブルーは、言うまでもなく
、より"かっこよく"になった。
"真剣に"自分たちの道を歩いているシエンブルーは、さらにかっこよくなった外見だけでなく、
それ自体で漂ってて出てくるオーラで音楽をする人であるという事実をそのまま感じられるように作った。
ロックバンドとの強い社会批判を盛り込んだ音楽を思い浮かべるは、
これらも多いが、そんな面から見れば、シエンブルーの今回のアルバムは、
多少柔らかだと感じることもイトゲトダゴしよう"社会を強く批判したいよりも、
現在恋愛にのどが渇いているというほうが正しいかもしれない。
まだ人生が幸せだ"と話す。そんなシエンブルーを見て、
その幸せウイルスが私にもちょっと移ってきてほしいという思いをした。
インタビュー始終笑いが顔から離れることのないシエンブルーは、恋愛をしたい、
今は忙しくてそんな余裕もないともう一回明るく笑う。

ジョンヒョン

恋愛をしたくても忙しくてできないようだ。
スケジュールがギリギリするときは、疲れている時も多い。

ヨンファ

縁を妨げはしない。(笑)

ミンヒョク

ドラマ"棚ぼたのあなた"の中の相手役オ·ヨンソとよく会ってたかという質問に)
オ·ヨンソさんとはたまに顔を合わせれば挨拶してそんな程度だ。
あまりにも忙しいようだ。
忙しいと言えば精神である。
ドラマ(私の娘ソヨンが)であまりにも涙の演技をよく見せてくれていニックネームが
"感情シーン"である。

ジョンシン

メンバーたちが、私泣く場面をキャプチャして、
我々同士のグループカカオトーク部屋に浮かべてそうする。
他のメンバーたちの演技するとき悩むもしてそうだったが、
私だからお互いに理解することができる部分が多く生じたようだ。

" 今回CNBLUEはアルバムのジャケットはもちろん、ミュージックビデオを英国で撮影して帰ってきた。
ミュージックビデオがビートルズの最後の公演を連想させるという評価もある。
ミンヒョク"撮影しながらそんな考えがこっそりたりした。
ビートルズは、すべてのバンドのロマンだ。
夢見ていた英国のロンドンに行ってジャケット、ミュージックビデオを撮影しながらとても幸せだった。

" 最近はお互いに会えば"不幸自慢遊び"をするようにお互いに大変だとすることが多い。
そんな中幸せだと言うシエンブルーにその秘訣を盗んで来たかった。

ヨンファ

何があるので、笑ってなんてのかという話をたくさん聞く。
ツアーを回ってそれとともにメンバーたちの表情を見た。
本当に幸せに見えるよ。仕事をしながら幸せなことたくさん感じたようだ。
昨年10月ごろから延々と明るくなった。
公演をするのが本当にいい気がするから活動を楽しみながらすることになったようだ。
放送を怯えそのような部分もあったが、そんな心配もなくなりました。

ジョンヒョン

芸能に出て大変な事そんなことがあったが、今はひたすら楽しくしている。
楽しまなければならないと考えてるから活動自体が本当に面白い。

音楽の色が今とは異なる場合がありますが、
現在は幸せに音楽をする人々の音楽も明らかに聞きたがる人々がいるようだ
今気に入っている音楽をもっと楽しくしたい。

ジョンシン

"幸せだということの一つがメンバーたちとしばらく前に久しぶりにお酒を飲みながらいろいろな話を交わしたのだ。
色々な話をしながら笑って、またアルバムが出る前に心を取るようになる、そんな席だった。
その時から幸せだという感じを受けた。
体は大変だが、本当に幸せだった。多自信を持って笑ってできるようになった。

ジョンヒョン

メンバーたちと心合わせて楽しくするのが良い。
不満が生じることもありますが、私たちのチームワークならよく乗り越えることができそうだ。

徐々に自分たちがすることを認められることに胸がいっぱいに感じて生きていることを感じさせてくれる経験の多さに感謝
シエンブルーは、今後より多様な舞台でファンらに会うことを約束した。
これらの目で、今日よりも明るく輝く明日を見る。


< 出処 SBS 






 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。