台湾チャートまで席巻

  • Day:2013.02.08 00:00
  • Cat:News

 


アジアはシエンブルー熱風?日本 - 台湾チャートまで席巻





111224-ray.jpg







バンドグループCNBLUEの熱風がアジア全域に広がった。
シエンブルーの四番目ミニアルバム'リブルー(Re:Blue) "
とタイトル曲"アイム·ソーリー(I'm sorry) "が
台湾代表音楽サイトオーミュージック(Omusic)チャートで音源とアルバム部門で1位を占めた。
"リブルー"の正式台湾発売日は1月20日現地アルバム発売が行われる前からチャートを総なめして、
より一層目を引く。 シエンブルーの人気は日本でもすごい。
日本最大アルバム流通社であるタワーレコードの販売チャートで"リブルー"が連日1位を記録中だ。
特に最近限定版に発売した"リ·ブルー"スペシャル限定版は品薄現象が起こるほど。
だけでなく、シエンブルーは、今回のアルバムで、
米国ビルボードワールドチャート1位にも堂々と名前をあげて、世界進出の可能性も立証した。

一方、CNBLUEは来る20日と23日、それぞれの台湾とフィリピンで"リ·ブルー"
を発売する予定であり、4月からワールドツアーに突入する


< 出処 tvdaily >







 





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。