スターコラム

  • Day:2013.02.13 00:00
  • Cat:News

 


シーエヌブルー1部。"ぶす"シエンブルーの誕生





111224-ray.jpg




4人組バンドCNBLUE。去る2010年1月、国内歌謡界に彗星のように登場し、
デビューアルバムタイトル曲"ひとりぼっち"で各種音楽順位プログラム1位を席巻し、
千編一律的に流れた国内歌謡界に新しい風を起こした主人公。
単に新人の突風とだけ思われた彼らの人気は
毎回発売するアルバムごとに大きな人気集めに成功して歌謡界の台風の核に成長した。
これらの人気は国内不毛の地だったバンドの音楽の発展に大きな貢献をしたのは否定できない事実である。
シエンブルーのように演奏するために、これらのように歌うために、
彼らのような夢を見始めたバンドが現れるようになりました。
このように、多くのバンドたちに夢と希望を抱かせたシエンブルー。
ネイバースターのコラムでは、これらの音楽と演技者としての夢、
そして所属事務所FNCエンターテイメント代表兼プロデューサーである
ハン·ソンホと一緒に成長する彼らの姿を盛ってみようと思う。

/ /編集者注こんにちは!シエンブルーチョン·ヨンファです!
いよいよ私もそうネイバースターのコラムで、皆さんをお伺いましたね。ハハ!
これから私たちFNCエンターテイメントハン·ソンホ代表様をお迎えして
シエンブルーの隠してきた秘密を一つずつ解決していくと思います!
私たちのメンバーたちが直接ハン·ソンホ代表様の質問を見ました。
まあ、毎日の記者とでも言うのですか?^ ^
非常に果敢な質問も続く予定だただ一瞬間も目を離さないでください。
(実際に代表様と向き合ったら少しは緊張して)
ではジョンヒョン、ミンヒョク、ジョンシンと一緒にゴゴシング〜

チョン·ヨンファ

:こんにちは。
代表様ハン·ソンホ代表

:こんにちは。これ四人が一度に集めることが大変だが、
本当に久しぶりに見ますね。練習熱心にしてますか?、

イ·ジョンヒョン:
ハァ..代表様お話楽です。急になんの尊称を使ってください。

イ·ジョンシン:
ああ代表様の姿適応できない。

ハン·ソンホ代表
:ああ?それでは、より快適に言うわ。
みんな、私のインタビューなんて適応にならないね!

チョン·ヨンファ
:代表様、もうファンの方々に私たちCNBLUEのすべてをお見せしなくするために
心の準備しっかりしてきたでしょう?(笑)
それではすぐ最初の質問入り ​​ます!
私たちシエンブルーというチームを作ることになったきっかけは何ですか?

ハン·ソンホ代表:
まあ、最初の質問はいい。
ヨンファ準備たくさんみたい?
ハハハ。過去、私プロデューサーであったとき、
偶然に日本のバンドを見て有毒国内にはバンドがないことを感じた。
非常に単純に考えていたようだ。"ビジュアルが良い子供がバンドで起動すると、いけるかな"という思いだった。元の3つの色のバンドを作りたかった、その結果としてFTアイルランドが最初の色であり、
CNBLUE、お前らが2番目の色です。三番目のバンドはお前らも知っている準備中で..

イ·ジョンヒョン
:代表様が私達を最初に見たときにどのような考えがましたか?

ハン·ソンホ代表
:今言えるのだが、最初はぞっとしなかった。
君たちの姿を見るのさすがに私は考えて図の当たるかという気がしたのじゃ。
本当に年上がだめだったよ。
最も大きな問題は何だか​か知っている?
まさにヨンファだった。

チョン·ヨンファ
:...なぜですか?( ㅠ ㅠ )

ハン·ソンホ代表
:シエンブルーをモダンポップバンドで作りたかったのは皆知っている事実なんだ。
音楽的にリーディングをしてみたが、
釜山(プサン)なまりを使うヨンファを見るが..エヒュ。
本物ではないと思った。ボーカルの色も私の考えとはたくさん違った!
だから私はしたいボーカルのヨンファを作成するために、日本での送信にしなかった。
ところで驚くべきことが起きたんだ。
数ヶ月の間にヨンファボーカルが変わっていったんだ!
その時ヨンファが、その限界を克服できなかった場合は
シエンブルーは、色のないバンドになったかもしれない。

チョン·ヨンファ
:正直その時私もそう思いました。
ボーカルが行こうとする方向を釘探し停滞期が来たよ。
ところで、日本で公演をたくさんしたら強心臓がなるんですよ。
録音もたくさんしてたら私のスタイルをしっかりと発見したようでした。

イ·ジョンヒョン
:うーん..その時はヨンファ型だけでなく、
メンバー全員の公演をたくさんしながら発展をたくさんしましたね。

ハン·ソンホ代表
:今考えてもヨンファが本当に感心して。
ヨンファの声が以前ロックバンドでたくさん見られたトレンディーな声日数が、強いボーカルではなかった。
私はそれが気に入らない聞いていた。
ところで、日本に行って、その枠組みを破って成長するのが目に見えていたよ。


 
111224-ray.jpg




チョン·ヨンファ
:それでは、他のメンバーを見た時、どんな感じだったの?
私のように完全に心にアンドましたか?

ハン·ソンホ代表
:うん.. ジョンヒョンがをぴったり初めて見た時、
"あの子をどこに使わという気がしたよ。声はいいが音域が低かった。
セカンドボーカルの位置を確固たるものにしたらいいんだけど、その部分が惜しかったか。
だから甘い歌の練習をたくさんさせたものだ。
ミンヒョクは力が弱すぎた。ドラムは力が良くなければする幼い頃気胸を患ったとしたの..
こんなのでどうやってドラムをするのか。
苦しくていたよ。最近の運動をたくさんして、体もたくさんジョトアジンゲ見えて胸がいっぱいだ!

イ·ジョンシン
:代表様、第一印象はどうでしたか?

ハン·ソンホ代表
:私はまだあなたの最初のオーディション見たときにあまりにも笑ってその記憶しかない。
ラップをしてダンスを踊ったどうしてあの多立ち上がるプラットフォームがあるかと思ってた。
とても君があまりにも真剣で舌を噛んで笑いを堪えたなァお前。
ただ4次元かより進んで手が届く、なんと!お前がものすごい練習の虫だったんだろう。
私が考えても手に余る課題を与えたが​​デ軽くしてきた。
その時シエンブルーの4番目のメンバーとして合流させることにしたの。




 
111224-ray.jpg




カン·ミンヒョク
:ところでまさに国内でデビューしないし、日本に送ったでしょう。
その時は本当に私たち苦労たくさんした。

ハン·ソンホ代表
:私は君たちが日本でライブや練習を通じて成長しなければと思った。
日本に送る前合奏することを見ないという気がしたよ。
バンドというものが振り付けのように構成されたものではないと思うが。
ことができないライブ舞台を通じて君たちがそれをを見送った。
日本は国内とは異なり、バンド活動の舞台が広いという点が
お前らを日本に送るようになった決定的な契機だった。
苦労をたくさんしたの?
最初に送信するときにバンドが持つことができるひもじさを知る術を望んだ。
今頃になって言うその時、
あなたがた両親に最小限のコメ以外は個人的にお小遣いを付けないようにお願いまでしたんだ。

イ·ジョンヒョン
:私たちはその時お金がなくて髪切れなかった。
ところでその空腹が面白いし始めましたよ。
人生において重要なことをたくさん学びました。
本当にお米はあるがおかずがなくてワカメスープにコチュジャンを緩め3-4日沸かして食べたこともあったんです。

カン·ミンヒョク
:初めて行く日本なので、すべてが不思議で、各種のものを買ってたらお金が足りました。
その時からずっとお腹がすいていると思います。
そのパターンが続いて見ると、大きな公演をしてから食べるご飯は本当にありがとうございましたよ。

イ·ジョンシン
:もちろんお金がなくて大変だったが四人で乗ら生活をしたら、
メンバー同士の友愛が固められる時間だったと思います。
その時間がなければ、これ喧嘩一度もなし兄弟のようにやっていかなかったようです。

ハン·ソンホ代表
:うーん...急にお前らにとてもたんだなと気がするんだ。
しかし、その部分は苦しまなければと思ったので、さらにきつくするしかなかった。
日本行きがなかったら、シエンブルーというチームは色のないバンドになったんだ。




 
111224-ray.jpg





チョン·ヨンファ
:それなら今までFTアイルランドや私達を発掘、製作しましたが、
バンドを育てるノウハウがあればちょっと教えてください。

ハン·ソンホ代表
:私も大学の時、アマチュアバンドで始めて味を少し見たことがあり。
その後大衆音楽作曲家として活動しながら韓国音楽に対する視野が広くなったことがない。
おそらく私のバンド活動が継続している場合君たちのようなバンドを製作できなかったんだ。
作曲家として活動しながら、音楽に身を付けることができるということを悟ったよ。

イ·ジョンヒョン
:まあ、じゃあ代表様のメンターは誰でしたか?

ハン·ソンホ代表

:音楽的なメンターは特になかった。良ければすべてよかった、
誰一人を好きなかったようだ。
大衆音楽を作成するには、のように楽しまなければと思う。
まだその考えは変わりはなくて..しかし、私は基本的にバンドの音楽が好きです。
大衆音楽の作曲家として知られていることがよりナッツの"小言"だったんじゃないの。
最終的にはナッツもバンドだったという事実だ。ハハハハ

チョン·ヨンファ
:さあ!シエンブルーの最初の話はここまで!どう ​​ですか?
もう少し私たちに知ることができる時間でしたか?^ ^
2つ目の方は、演技に挑戦したメンバーたちの物語が繰り広げられる予定です!
すでにビハインドストーリーが期待なられたんですよ?
それでは少しだけ待ってください。Coming Soon!

< 出処 Naver スターコラム >









 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。