インタビュー記事

  • Day:2013.02.14 00:00
  • Cat:News


 
CNBLUE、枠-誤解-先入観脱いで我が道を行く



111224-ray.jpg






デビューから注目された。一方、順調な過程もあった。
無数のうわさに包まれたし、偏見にぶつかる位置に保持した。
避けず堂々と立ち向かった。デビュー4年目、片方に傾いた重心は、
四つの頂点に分かれて互角に水平になった。"アイドルバンド"という限界を超えた四人のマルチプレイヤーシエンブルー(CNBLU)だ。


◆イ·ジョンヒョン "余裕を訪れた今、白髪バンドを夢見て"


大衆の反応を強引に作成することができない。
自然に私たちを良く受け入れることができると信じていた。
メンバー全員の努力が反映されたようだ。大衆が明らかに望む姿がある。
それ私たちの中で見つける新らしい。友好的な評価が多くなった。幸せである。
心に余裕ができて、多くのことが変わった。
私たちを見てくれる人々、それらを眺める私たちは皆そうだ。


家出した回ず平坦に住んでいた。会社に休暇を与えるメンバーたちと一緒にスノーボードをしに行く。
会社で模範となるグループである。もちろん、私たち同士でお酒はよく飲む。
もちろん家に閉じ込められているわけではない。
ちょうど外に出ても音楽関係の人々が会うようだ。(笑)


デビュー後呼吸が本当に早かった。
お急ぎの心に、今後時間がたくさん残ったということ気づかなかった。
早く前に進むべきだという考えだけだった。
しかし、我々はまだやるべきことが多い。長い間、音楽を硬くしなければならない。
ちょうど私達の中で音楽を少しずつ変奏し、成熟すれば、より多くの愛受けない。


ダンスグループではないのに、外国のファンたちが私たちを楽に受け入れてくれる。
バンドの音楽とむしろ楽に受け入れたようだ。
今後も愛され続けて公演することができるようだ。
メンバーたちといつも話をする。私たち長くしよう。
誰かは白髪になって、また他の誰かはハゲになっても。このすべてが、CNBLUEので可能なようだ。


◆カン·ミンヒョク "1位は大衆の分け前、私たちの役割は別にある"


"ひとりぼっち"があまりにもうまくいって、それに伴う心配もあった。
私たちがいくら努力しても1位が当然ついてこない。
大衆が好むのが答えだ。大衆が好きくれたとき、初めて1位となった。
もちろん私たちは、できるだけ見せようとするものをすべて吐き出す。
音源チャート生放送1位は大衆の役割である。私たちは役割が別にある。


一部のハンドシンクと関連した悪質な書き込みは気にしない。
私たちの舞台を一度だけ見れば確認できることだ。
それが事実だとすれば、我々はバンドで出てくることさえなかった。
意外に関係者の中でも半信半疑な方々が多かったと聞いた。
しかし、活動4年目となった今、私たちの舞台を好きな方々が多くなった。変化をもたらした。


今年のワールドツアーへの期待が大きい。昨年、米国LAとイギリスのロンドン公演でオトオオンが多い。むしろ現地ファンたちに良い反応を得た。韓国のこのようなライブバンドがいるということをもっと知ってもらいたい。


◆イ·ジョンシン、 "自信を訪れた私は、チームに大きな恩恵れて波"


昨年からメンバー全員がすべて良い結果を得て満足している。
みんな、チーム内での影響力が大きくなったようだ。(笑)
お互いによくなるから幸せである。5年の間に住んで見ると、相手の成功を嫉妬したり、
悪い心を持たない。他のメンバーがよくなければ、結局私もよくすることができる。


演技挑戦は一応感謝している。しかし、ドラマ以外の俳優イ·ジョンシンの人気はまだありません。
変わったのは、私自身に対する自信である。その自信が、カメラで確認されている。
その前にシエンブルーを離れると、自信がなかった。
新しい仕事の試みを恐れていた。生放送、ツアー、演技を通じて多くのことを勝ち抜いた。
その中で多くの発展があった。チームに大きな足しになりたい。


我々のチームに対する先入観が本当に多いと聞いている。
メンバー四人でベッドに並んで横になってデマをどのように食い込んさせることができるかと思った。
普段そんな思いをよくした。結論は一つだ。私たちが直接示すことだ。
自作曲で満たしたミニアルバム "リブルー(Re:Blue)"が出発点だと言えるだろう。


◆チョン·ヨンファ "1位欲てしまった、良い音楽をするだけ"


音源チャート "オールキル"は、天運だと思う。
私たちは、デビュー時から誰もがする​​ことができない記録を持って始めた。
しかし、最初の階段があまりにも良かっただけにそれ以上の階段を登るのは難しいのも事実だ。
"ひとりぼっち"の人気を越えてみようという考えに気が多く使われた。
ところがある瞬間、その枠組みを捨てた。
1位の欲より、当社グループの認識を変えようという目標がリセットされた。


昔は舞台の上で一人でジェスチャーを担当するというプレッシャーがあった。
一種の振り付けで感じられた。
意図的に不織布ではないが、反応が良いてみると、
研究して、より誇張されたもの捜すようになった(笑)
今はメンバーたちと分けてだから楽だ。
コンスタントプレッシャーを減らした。
遅く始めたが、弟たちがあんまり分かって上手だ。信じている。


ハンドシンク(実際に演奏せずに、音楽に合わせて振りだけ出すこと)の悪質な書き込みで傷をたくさん受けた。しかし、今はむしろおもしろい。
シエンブルーは、長生きするだろうから、自然に誤解が解けると思う。
小劇場での長期公演も計画している。軍入隊という言葉が肌に触れる二十五歳である。(笑)
ベムチアイドルスターと呼ばれていたが、2013年にはアルバムをたくさん発表したい。
作っておいた曲がすごく多い。


歌手のネームバリュー、ファン層あるいは制作者のプロフィールと音源順位は別物と考えている。
音楽ファンが望んで好きなら、きっと理由がある。
もし我々が1位をできない?それでも居場所がないのではない。
私たちは被害意識せずに音楽をする。
人気に沿ってジャンルを選んでながら音楽するのは話にならない。誰か聞いて良かったら、それが音楽だ。


< 出処 TV REPORT >





 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。