JUNIEL日メジャーデビューもヨンファとデュエット

  • Day:2013.02.14 00:00
  • Cat:News

 
JUNIEL、メジャー1stアルバムでCNBLUE ヨンファとデュエット



111224-ray.jpg






現役高校生シンガーソングライターJUNIELは、2011年11月2日「Forever」でメジャーデビュー。アルバム収録曲のほぼ全ての作詞作曲をJUNIELが手掛け、サウンドプロデューサーに数々の女性アーティストを手掛けるSuzuki “Daichi”Hideyuki氏に迎え、事務所の先輩CNBLUEギター&ヴォーカル・ヨンファとのデュエット曲が収録されるなど超豪華なメジャー1stアルバムを、3月6日に発売する。

JUNIELはメジャーデビュー前より数々のライブイベントに出演し、ストリートライブを数多く敢行。2010年9月13日、レコード会社EMIミュージック新人開発部「グレートハンティング」とファッション雑誌キューティ、モバイルカンパニー、ペプスミュージックなどが共同主催した「CUTiE × Great Hunting × @peps!ミュージック ガールズボーカルオーディション『虹色スーパーノヴァ』」にて応募総数約1500人のなかからグランプリを獲得。2ndシングル「さくら ~とどかぬ想い」(2012/2/15)では新人アーティストとしては異例のタイアップを4つ獲得するなどした。

その明るくも切なく優しい透明感溢れる印象的な歌声、美しいメロディーライン、感受性豊かな詞世界など、みずみずしい感性が魅力のシンガーソングライター・JUNIEL。そんなJUNIELは昨年2012年、韓国でもデビューを果たしており、その際、事務所先輩CNBLUEギター&ヴォーカル・ヨンファが作曲した楽曲でデュエットを果たしていた。

そして今回、日本でのメジャー1stアルバムでもヨンファが協力。同楽曲を日本語でカヴァーし、アルバムに収録することとなった。CNBLUEは先月1月に韓国でのアルバムをリリースしたばかりで、プロモーションの真っ最中。そんな多忙のなか、事務所後輩アーティストJUNIELの為に一肌脱ぎ、スケジュールの合間を縫って、韓国でわずか数時間のデュエットレコーディングが実現。

JUNIELはヨンファとのデュエットに「楽しかったです。」とコメントすると、ヨンファは「少し恥ずかしかった。JUNIELは約6年前から知っていて、まさか2人でラブソングをデュエットすることになるとは思わなく、ちょっと恥ずかしかったです。」と語っている。レコーディングの合間も和気藹々ととてもアットホームな環境でのデュエットとなった。

デュエット曲は「Babo -Duet with Jung Yong Hwa (CNBLUE)」は2月27日より配信予定。

< 出処 ミュージックマンネット >






 




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。