[スターコラム]シエンブルー2部。私たちが演技をする理由

  • Day:2013.02.15 00:00
  • Cat:News

 

シエンブルー2部。私たちが演技をする理由



111224-ray.jpg



4人組バンドCNBLUE。去る2010年1月、彗星のように登場し、
デビューアルバムタイトル曲 "ひとりぼっち"
をはじめと発表する曲ごとに各種音楽プログラムと音源サイトを席巻して
国内歌謡界に新鮮な風を呼び起こした。
以来、彼らは歌手という分野に満足せず、
演技者というタイトルでテレビ劇場視聴者たちを探し始めた。
リーダーチョン·ヨンファを筆頭にイ·ジョンヒョン、カン·ミンヒョク、イ·ジョンシン
は新しい夢を見る始めたのだ。
ネイバースターコラム2部では、これらの演技に挑戦することになった理由と、
今後彼らが描いていく俳優としての理想郷を率直に聞いてみようと思う。/ /編集者注

こんにちは!ヨンファです。すでに2編で皆さんを探しましたね!
天気がすごく晴れたとはいえまだ少し肌寒いですね。^ ^
風邪かかっ方はいませでしょう?!私たちも熱心に活動しているだけに、健康管理に最善を尽くしてそうです。
ね、常に最​​高の舞台を見せなければならないという考えに風邪かかる時間もないようです。(笑)
さあ!それではこれから本格的にシエンブルーの演技挑戦記開始しますよ〜

チョン·ヨンファ

:代表様、1編でも素直に答えてくれてこっそりメンブンイ来たんです!
今日もそれに劣らない率直な回答を期待しますよね

ハン·ソンホ代表
:とても率直な部分があっていた。ハハ。今日は演技の話をしようか。

チョン·ヨンファ
:うん!それでは、最初の質問!私たちCNBLUEを最も危機だと思ういただいたことがあったんですか?

ハン·ソンホ代表
:危機というよりも選択をしなければなら時が多かった。
その最初の選択がヨンファの '美男ですね'に出演するかどうかだった。
"美男ですね"出演のオファーを受けた時、
チームのメインボーカルが抜けてもなるかという心配に不安はあった。
おそらく、他のメンバーたちもある程度不安があったんだ。
お前ら盛んに日本での活動する時でんじゃないの?
苦心の末に、結局ヨンファをを帰国させ、残りのメンバーたちはずっと日本で活動をすることにしたの。

ヨンファ
:私その時思い出します。日本での公演を終えて入ってきたメールに台本が入っているんですよ。
"これは何だ"と思っていたが、すぐに帰国するようれたのでしょう。
その時は本当にメンブン状態でした。ハハハ。

ハン·ソンホ代表
:ヨンファが演じたカン·シンウという人物は、
女性視聴者たちが好むキャラクターだった。
事実作家はヨンファが出演することに反対したが、
監督が積極的に推薦してくださったか。
今考えてみるとヨンファが最もよく​​消化することができるキャラクターではなかったかという気がする。

カン·ミンヒョク
:うーん..率直にヨンファ兄さんがドラマの撮影で韓国に行くので、日本に残った私たちは漠漠ました。
ところで何か..ヨンファ兄さんが抜けて三人で活動することになるので実力がますます増えるんですよ。
特にメインボーカルが抜けた席をジョンヒョンが兄一人でなければならない状況でした。

イ·ジョンヒョン
:ああの時は本当に苦しかったんです。
メインボーカルは抜けたチームは、リードちゃ..息苦しいんですよ。
それでも私が手を置いている順ませんでした。
その本当のボーカルの練習を無茶苦茶にしたようです。
振り返ってみればあの時の経験が、CNBLUEがより硬くなることができるきっかけがないではないかと思います。

ハン·ソンホ代表
:ははは。私はいつもやり遂げることができないような宿題を出してみんなを限界にぶつかりするスタイルだ。
このようなスタイルのため、ミンヒョクは運もある。
極限の状況でどのようなことをつかんだ時に感じる達成感はより長持ちすると思う。
それはお前らも認めるところだろ?ハハハ。

カン·ミンヒョク:あえて泣いたと言わフォームが省略さ...(T_T)






 
111224-ray.jpg





チョン·ヨンファ
:私だけでなく、その後に他のメンバーたちも皆演技をしてくださいましたでしょう。
そこに特別な理由でもあったのですか?

ハン·ソンホ代表
:それ覚えてる?あなたがたをシエンブルーというチームで初めて集めた時の大衆音楽をしたくないと述べた。
他人の音楽を認めず、自分だけの音楽をしようとするのが目に見えre >>。
それでは絶対発展はないと考えていた。
リスニング嫌いでも聞いてする嫌いべきだと思った。
演技もそのような脈絡で理解すれば良いでしょう。
音楽という限定的な枠組みから抜け出して演技という新しい分野に挑戦することで、
君たちの考えの幅が広がりジギルほしかった。
最も重要なものは何かないですか?バンドの音楽をするには、大衆にもっと知らなければならないし、
アピールをしなければならないという点だ。
大衆に多くの愛を受けなければならバンド音楽もすることがば。

イ·ジョンシン
:いつから演技をさせようと心食べましたか?

ハン·ソンホ代表
:おそらく"ヘイユ"アルバムの時からだったんだ。
お前らがヘイユのアルバムの時私に不満があったことを?
振り返ってみると私もプロデューサーとしてミスはないかというアルバムが"ヘイ·ユー"であった。
振り返ってみるとそれがきっかけになったようだ。
もちろん"ヘイ·ユー"前から演技のことを話したりした"が友達が愛をたくさん受けるなら、
やりたい音楽をより長くすることだ"という考えがしたよ。
もちろん、演技をさせようとすることに対する不満があったんだ。
私もわからないことはなかった。

チョン·ヨンファ
:演技以外に他の分野も多いが、あえて演技をさせた理由はありますか?

ハン·ソンホ代表
:うーん..演技を通じてメンバーたちの魅力がアピールならバンドとしての影響力が大きくなると思った。
あ、もちろん、演技できないのにするなら、それは我執がしますが、
才能が見えます演技をさせただけだよ。
その才能が芸能なら芸能をしたこと?今は不慣れな分野をしているが、
このことがアピールされると音楽的発展をもたらすと信じている。

チョン·ヨンファ
:じゃあ代表様は最初から私達の演技者として成功の可能性を高く見たんですか?

ハン·ソンホ代表
:それじゃなかった。事実精神ジョンヒョンが、演技は絶対いけないと思っていた。
会社内部でもそう思っていた..ハハハ。
"紳士の品格"ジョンヒョンが入る瞬間にも方言とソウル言葉巧みに混ざっていた。
正直心配したがそう上手与えるか知らなかった。ジョンシンもそう。

イ·ジョンシン
:率直に申し上げれば、最初"私の娘ソヨンが"起動したときも不安でした。
私の演技力について知っていたんですよ。
一日一日よく眠れ来なくて台本だけ見て上手くやるべきだと思うばかりだったと思います。
時間が経つほど先入観なしに大衆の方々が来てくれて
メンバーたちが応援をしてくれたら肯定的に考えるようになりましたよ。
30回目から自分に自信ができたと思います。

イ·ジョンヒョン
:多くの方が運がいいようだ教えてください。私も天運だと思います。ハハハ。





 
111224-ray.jpg



チョン·ヨンファ
:それでは演技をしてくださりながら一番心配していたメンバーがいましたか?

ハン·ソンホ代表
:すぐジョンヒョンだった。
柔軟性や柔軟性を持たなければ。本人が必要だと考えなければ直らないスタイルだ。
本人がしなければと思って演技をしたら、すぐに実力がいつもいたよ。
ジョンシンも食卓を用意してくれても、本人がしないのスタイルだ。

イ·ジョンヒョン
:本当になまり抱いて張られて苦労をたくさんしましたよ。
ところでいけないと思い心に決めてとチニ2ヶ月で標準語がなるんですよ。ハハハ、

カン·ミンヒョク
:ジョンヒョン兄さんがなまりを釘固定苦しがる時のメンバーたちが刺激と力になってくれたと思います。
わざわざ"意志がなくてグロンゴダ"という言葉もし刺激を与えた。(笑)

イ·ジョンヒョン
:メンバーたちが私をとてもよくなかっ巧みに刺激をするんですよ。ヨ
ンファ兄さんはさらに"君がいないとき、私はする"という言葉も言うんですよ!
ところで不思議なことに、そんな話を聞いてみると続けていたくて一生懸命努力しましたよ。

チョン·ヨンファ
:じゃあ私とミンヒョクこれはですか?

ハン·ソンホ代表
:ミンヒョクは少しずつ固めて地面花が咲くようなスタイルだと思った。
だから小さな演技からはじめようと。
ヨンファ君は大きな役割も持ちこたえているスタイルだ。
手にあまっすることができることをよくボチョジュようだ。
ヨンファがより多くの経験をして成長してほしい心が大きいという。
これは、最初の話なのに皆それぞれの場所で自分の役割をよくしてくれており、
胸がいっぱいに感じたんだ。

チョン·ヨンファ
:最後に私どものメンバーたちに望む点がある場合は素直に教えてください。

ハン·ソンホ代表
:風があれば、4人すべて同じ時期に演技活動をして欲しい。
スケジュール調整するのがとても大変!今年は良い作品に会ったら良いだろう。
歌手としては"リ·ブルー"のアルバムがさらに成熟する契機になったので、
より多様な音楽を試みてみたら良くて..特に君たち皆新しいことに恐れていないで欲しい。
良い先例を残すバンドになったらする風だ。
さて、私たちの演技挑戦ビハインドストーリーよく見ました?^ ^
ここで失敗した話があれば私どものメンバーたちは本当に死ぬように練習してまた練習したという点なんです。
本当に歯を食いしばっていた記憶が.. ㅠ _ ㅠ
もちろん、まだ足りないけど、音楽と演技、
二匹ウサギを捕まえるシエンブルーになるように一生懸命頑張ります!
さて最後の3編は、CNBLUEメンバーたちのおしゃべりをお聞かせと思います!
メンバーたちが言う本音を聞きたいと思いませんか?それでは少しだけ待ってください!




 
111224-ray.jpg





< 出処 NAVER >





 





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。