スターコラム

  • Day:2013.02.18 00:00
  • Cat:News


 
[スターコラム]シーエヌブルー3部。シエンブルーあなたが、私と私たちの話

111224-ray.jpg





浅はかだった国内バンド市場を越えてアイドルグループが支配していた国内歌謡界に
風変わりな突風を吹いてきたシエンブルー。
チョン·ヨンファ、イ·ジョンヒョン、カン·ミンヒョク、イ·ジョンシンが四人のハンサムな青年は、
ビジュアルだけでなく、優れた演奏実力と合奏実力で国内歌謡界を聞いた置いたし、
名実共大衆性と音楽性を同時に取った数少ないバンドとして急浮上した。
今の歌謡界を越えて演技者としても成功をおさめ ​​て常勝疾走している。
ネイバーコラム第三話はCNBLUEだけでなく、
一人一人の魅力を見てみる時間で満たそうとする。

こんにちは!ジョンヒョンです〜すでに私たちの三番目の話ですね!
ヨンファ兄さんが書いた1、2編の両方おもしろく読みましたか?^ ^
私もヨンファ兄さんが前を見たら少し欲が出て少しのこだわり(?)を張って見ましたね。ハハハ。
最後のほうの3部私たちは、これまで隠してきたシエンブルーだけの話をしてみようします。
私インタビュアーになってメンバーたちの率直な話を聞いてみようと思います。
文で書くのは少し慣れませんが理解してください!

(元私の質問にメンバーたちは口で答えたが、読者の方々のために敬語に変えたという点!理解してくれてね〜)

さて準備はいい?それではさっそくゴーゴー^ ^

イ·ジョンヒョン
:こんにちは。今日シエンブルーのインタビューを進行するイ·ジョンヒョンです。
嬉しいです。

チョン·ヨンファ
:おっと〜こんなに遠いところに(?)遠い所に苦労が多かったです。(笑)
隣の部屋からすぐ来ましたね!

カン·ミンヒョク
:お兄さんが私たちをインタビューするんです?
それではお兄さんは記者に専業してもうシエンブルーは、三人のことか?(笑)

イ·ジョンヒョン
:+ + +さて、まず要点のみを述べると!
今年のワールドツアーの計画があると聞きましたが?

チョン·ヨンファ
:まだ確定されたわ ​​けではないシンガポール、台湾、タイ、中国、日本、オーストラリア、
ヨーロッパ、アメリカ、南米などを行こうします!
本当にワールドツアーですよ〜でしょ~?
短い期間で考えるのではなく、今年末までに長く考えてそうです。
具体的な日程もお知らせしたいバンドという特性上、
一人抜けるとツアーをできないからスケジュール調整もじっくりみなければならないよ!

イ·ジョンシン
:一日も早く私たちの実力を他の国でも見せてあげたい。
音楽的力量やより良いライブサウンドを見せるために努力しますよ。
シエンブルーならではの自由奔放さと躍動的な姿を見せることが目的であれば目標ですね。^ ^
韓国のバンドも他のバンドよりもよくできているということを示してあげたい!

イ·ジョンヒョン
:シ ​​エンブルーというチームが今まで常に多くの方々の愛を受けてきたが、
その理由は何だと思いますか?

カン·ミンヒョク
:お兄さん、質問があまりにも硬いことないです。
本物の記者の方の質問をねふふふ

イ·ジョンヒョン
:寺子屋つか3年で風月を語ると私その間たくさん学んだ。

チョン·ヨンファ
:正直運が良いのは間違いないようです。
デビューしてからこうなるんですこれですべて行われとても不思議です。
デビュー2週ぶりに音楽番組1位、新人賞などを受賞しましたよ。
失敗の基準をよく分からないが何に対して我々が失敗だと思っていなければ、
それは失敗ではないと思います。あまりにもメンバーたちが一つに肯定的です。ハハハ

イ·ジョンヒョン
:そうです。私たちシエンブルーは肯定の力があると思います。

カン·ミンヒョク
:継続運ができると確信して努力をしないのではなくなおさらより一層の努力をしなければと思います。
メンバーたちもその部分をよく知っているんです。
私たち最終目標ビルボードチャート1ひいきだがますますされるような感じがしますね。^ ^

チョン·ヨンファ
:もちろん挫折する時も多かったんです。
なぜなかったでしょう?ところでそれも私たちのメンバーたちの性格上、長くないがですよ。
その日その日私たちどうし話しながら解くスタイルです。

イ·ジョンヒョン
:シ ​​エンブルーは、隠遁生活(?)をするという噂があったが真実は何ですか?


 
111224-ray.jpg





イ·ジョンシン
:人々の目に多く見えれば見えるほど、なかったという噂も出るようになると思います。
外に出る嫌うというよりは、
あまりにも私たち同士のこと好きで作曲、合奏するのが生活化になっていて遊びたいと思うが聞こえたんですよ。

カン·ミンヒョク
:四人がお互いの心がよく合って、音楽という共通点があるので、
ずっと家いるようになりましたよ、僕!

チョン·ヨンファ
:放送するときにたくさん笑うから、家では静かに過ごしたい。
メンバーや、または一人でいる時香嗅ぎながら休息を取ったりするのよ。

イ·ジョンヒョン
:香が良いでしょう!個人的にヨンファお兄さんの疲労回復法イチオシです!じゃあ次の質問です。
CNBLUEのメンバーがメンターとしているミュージシャンはいますか?

チョン·ヨンファ
:前ボンジョビがメンターです。
小学校の時の音楽を初めて聞いた時の衝撃を受けたんです。
あんなにハンサムな人々が歌も上手だと思ったようです。ね、
彼らの音楽をたくさん聞いたが、特に"イッツマイライフ(It's My Life)"
のためにバンドボーカルのロマンが生じ始めたんです。

カン·ミンヒョク
:音楽メンターはマルーン5です。彼らの公演を見て、バンドの夢を見始めたんですよ。
演技指導ですか?私があえてメンターを定めることができるレベルではないんです。^ ^;
映画やドラマを見たときに演技することを見たとき、感嘆の声が出てくる演技者先輩らがいらっしゃれば、
その方がすぐにメンターと考えています。

イ·ジョンシン
:まだ駆け出しレベルだが、メンターは頻繁に変わります。
前聞いて感じる音楽に魅力を感じるようです。ジョンヒョンが兄は?

イ·ジョンヒョン
:私はローリングストーンズのように長く愛されるチームが私のメンターです。
あ!シエンブルーが美中年バンドがされるよう、
個人的にはエリッククリップボタンのように素敵な人になることが目標であれば目標でしょう。ハハハハ


 
111224-ray.jpg




カン·ミンヒョク
:お兄さん今、私は一度質問してみよう。(笑)
と、今は言うことができる!リーダーチョン·ヨンファさん!
これまでCNBLUEのメンバーたちを見てきて感じた点があったら一つずつだけ教えてください。フフ

チョン·ヨンファ
:ジョンヒョンがは一定街道その他を置かないですね。
練習を続けなるのはいい事だけれど続くギター演奏が騒々しいが短所だと短所です...

イ·ジョンヒョン
:うーん。その部分は私もメンバーには申し訳なく思っています。
ところでヨンファ兄さんがあまりにも熱心にしてみると
私も熱心にしなければという考えをするようになりましたよ。
常に正しい生活をしようとする兄の姿を見てたいですね。遊びたいと思う時が多いが、
そのたびにヨンファ兄の姿を見て心をつかん。

チョン·ヨンファ
:ミンヒョクは自分でよく分かっているスタイルとは?
すごく几帳面なスタイルなので、私か食べることをよく取りまとめる弟です。

カン·ミンヒョク
:でも、いざ自分のことを忘れてしまうのが罠です(笑)。
完璧だと思っているのに失敗します。周囲では僕を完璧な人間だと思っている方々も多いんですよ。ハハ。
でも最近は、演技をしながら完璧主義が少し和らいだと思います。
完璧にしようとばかり考えると、到底演技というものをすることができなかったんですよ。
それで楽に演技しようと思いました。だから少しずつ楽になりましたね^ ^

チョン·ヨンファ
:精神はあまりにもを閉コントロールを上手に友達なのでいつも考えている友人です。
最近、 "私の娘ソヨンが"というドラマがよくなってとても嬉しいよ。
最近ファンたちが写真を撮ってくれと要請すると俳優トーンで言うのも笑わせます。ふふふふふ、

カン·ミンヒョク
:それではジョンヒョン兄さんがヨンファ兄さんに短く一言しようとする?
私とジョンシンが、パス
イ·ジョンヒョン
:私たち同士休んでいたらお友達のようで仕事をするときは、落ち着いている兄だとするのか?
本当に楽にしてくれるスタイルです。しかし、
リーダーという位置のために弟たちに隙を見せることを嫌うようです。
本当に意志がたくさんなるからです。ハハ、

カン·ミンヒョク
:さて、最後の質問です。
どの瞬間透明人間になられたハン·ソンホ代表様今までの不満があれば涼しく一度言ってください〜

イ·ジョンヒョン
:本当に率直に言えば代表様が先に私たちの話を聞いて不満をなくそうと努力するようです。
スタジオも作ってくださっ..不満が生じる隙を知っていただくように?

イ·ジョンシン
:ドラマを撮る時、他のメンバーたちは、電話をしたが私には電話をしないんですよ。
仕方時は私だけの愛を受けられないんだなという思いもしていたからです。

カン·ミンヒョク
:不満はなく、肉をよく食べたく代表様番号を取得知りたい。
私どもとも連絡を取り合いながら行う代表様(笑)

チョン·ヨンファ
:私は代表様番号知るふふふふふ、

カン·ミンヒョク
:さてスターコラムの最後を飾るの質問をするときですね。
ハン·ソンホ代表様は私達がどのようなバンドになることを希望ですか?





 
111224-ray.jpg




ハン·ソンホ代表
:シエンブルーと呼ばれるグループが正しいイメージがあって模範生みたいな感じがあるんじゃないの。
実際の生活でも無理なく過ごして..
このように生活の一部でも人間的に見てもらいたいバンドになったらいいなという願いがある。
もちろん音楽生活をしてみると間違いをすることもあるだろうが程度(正道)を歩くことにしたい!

イ·ジョンヒョン
:うおシエンブルーの話はここまでです。私たちの話ももらえるの?^ ^
少しぎこちなくて下手な部分が多かったが、皆さんの広い雅量でご理解お願い致します!
ネイバーコラムで最後にドリル言葉は"感謝して愛する"ということです。
もうデビュー3年目の私たちCNBLUEがこんなに成長した後に皆さんの愛があって可能だったと思います。
それが事実です。^ ^
私たちがバンドとしての地位を固めるには、今後もかなり長い時間がかかるんでしょうね。しかし、私たちは皆さんが愛を施してくださる、諦めずに最後まで行ってみますよ。まだ足りないシエンブルーが最善を尽くして音楽をするから、もう少し愛情のこもった視線で私達の未来を見守っていただきたいと思います。^ ^最後の挨拶としては言葉通りでしたか?とても感謝してたんだけど!^ ^
それでは次にまた良い機会にブェプギルバラルケヨ。以上シエンブルーでした!




 
111224-ray.jpg






< 出処 NAVER >













 



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。