ハン·ソンホ代表 インタビュー②

  • Day:2013.02.19 00:00
  • Cat:News



最近のアイドルグループのメンバーになりたいか、
大学に行くの実用音楽を専攻するという中高生たちがあふれている。
そのため、心配している親たちのためにFTアイルランド、
シエンブルー、ジュニエル、AOAが所属するFNCエンターテイメントハン·ソンホ代表に
いくつかの質問を投げかけた。
質問は、 "後で子供が大きく歌手と言えば可能でしょうか?"
すると帰ってきた答え。
"素質があれば後押しんだけど、最初に作曲を学び、歌を歌えば良いと思います。
シンガーソングライターになることができて。

" 質問2つ、
"新人オーディションの時に何主に見ますか?"
つながる答え。
"何よりも才能、そして誠実さと靭性、特に後者が重要です。
かなりの才能が怠惰と傾いている靭性に埋め込 ​​むことができます。
一方、誠実さといい靭性はほとんど才能を飛び越えることができますからね。
幼い友達が芸能活動をしてみると、時にはミスもすることができますが、
デフォルトで生活が誠実で正しい靭性を持たなければなら見て育つ青少年たちにも良い影響を与えるはずだから。 " (この会社には、現在40人の練習生がいる一二ヵ月ほど過ごして、
この基準に合わない場合は出す)
最後の質問、 "FTアイルランドやCNBLUEのメンバーたちに短所はありましたか?"

今回帰ってきた答えは、
二つ目の質問に対する答えにさらに力を加えてくれた。"ハハ。
そんなはずは。
ところでメンバーらが絶え間ない練習と努力を通じて短所を長所に変えたのです。
事実モダンなポップを指向したシエンブルーの(正)ヨンファはグルーブ感やパワーが不足して見せた
(この)ジョンヒョンこれは、音色は良いが、
最初から歌をとてもよくしたのはなかったです。
ヨンファと同様に、方言も使ったし。気胸を患ったミンヒョクは
ドラムをすることができるか心配になったしジョンシンはちょっと無茶したんです。
また、FTアイルランドのホンギは子役俳優をしたためか、
年齢に比べ感性がとても濃く悩みだった(チェ)ミンファンがは体格が小さかったんです。
そう不足に見えた点が練習で克服されて可能性と潜在力が突き抜けて出てきたとき、
デビューすることになったのです。

< 出処 NAVER >






 


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。