キムテウインタビュー

  • Day:2013.02.22 00:00
  • Cat:News

 

ミニアルバム "T - ラブ"発表キム·テウ、
"中国国民歌手マイクールな唱法に惚れたよ"



111224-ray.jpg






"愛の雨"で世界をしっとり的喋る "こだま"として人々の心を打った歌手キム·テウ。涼しく抜き出して豪快に走る彼の歌唱力はアイドル出身のソロ歌手の偏見を吹き飛ばしてしまった。公演ブランド "ツメンショー"をローンチして、国内のライブ公演のスペクトルを広げることもした。多くの後輩アイドルは彼をお手本にするのに躊躇しない。パク·チニョンをはじめとする彼の先輩たちは、信仰を惜しまない。

キム·テウが20日に発表したミニアルバム "T - ラブ"は、アイドル偏食に疲れてしまった国内歌謡界に新しい清涼感を抱かせる。愛の歌も彼が歌えば違うことを改めて悟らせてくれる。豊かで壮大なサウンドが印象的なタイトル曲 "コズミックガール"は、これまでの興行公式を覆した彼の新たな挑戦だ。張り上げる高音の代わりにロックなサウンドとヒップホップのメロディーに溶け込むこと選んだ。

来月には中国の "国民歌手"スンナン(孙楠)と手を取り合って中国進出を控えており、ソウルショップエンターテイメントを設立しミーガンリーを獲得し、プロデューサーとしての地位を固めることももう一つの彼の挑戦だ。以下は、黙々と自分の道を歩み、挑戦を恐れない彼との一問一答だ。

@·写真=ギムジゴン記者

▲スンナンと手を取り合って中国進出を確定した。

=中国歌手が "愛の雨"を歌ってたいという提案が来たとき​​はわからなかった。その人が、 "中国のマイケル·ジャクソン"と呼ばれてアルバム一枚を出すと専用機に乗って通いながら2年間ツアーを回る人物だと想像ヘトゲトナ。今製法親しくなっスンヒョンと呼ぶ。

▲中国ではどのように活動する。

=お兄さんが歌う "愛の雨"が中国の授賞式で多くの賞を受けた聞いた報い次元で兄の歌 "美人図"に歌詞を付けて "ラブコースター"に復帰しました。この歌を、中国でのように呼びそうだ。公演も一緒にすることを話中なのに3月には具体的な内容を明らかにする計画だ。

▲スンナンはなぜキム·テウを選択したのか?

= 2年前に会ったとき、私god時代から守って見たよ。音色が似ていて涼しい唱法が気に入ったした。事業的に会うよりも人間的な面が大きい。 (スンナンが)ジュンヒョン型と同い年だからか、身近に感じられる。

▲海外活動に積極的に乗り出した理由があるのか​​?

=海外活動を計画的にやったことがない。アイドル音楽が世界中で旋風的な人気を呼んでいる外国人が韓国にはこういう音楽だけだろうかと考えるようだ。他の音楽をする私と私の仲間の歌手たちもいると知ってもらいたい。

▲今回のアルバムで新しい音楽スタイルが感知される。

=高音に対する強迫観念を捨てた。それとともに、既存のしてきたサウンドと変わった。 god時代から私は、メジャー系の音楽をしてきたが、今回のマイナーを選んだ。ロックな感じを強調した。やってみない音楽だと録音しながら大変だった。アルバムプロデューサー(この)ヒョンスンが降ってもなんだかんだとした。私の歌唱力を無視するんだよね(笑)聞く人によって退屈かもしれないが、ライブステージを見ると、はるかに呼ぶ難しい歌だということがわかるだろう。

▲変化を選んだきっかけはあるのか。

= 10年を超えて音楽をすると遊んでになる。いわゆる墨ヒョトドン音楽をしようとしている。率直たいと思った。私がしたい音楽をしたかった。興行について負担を大きく感じる方だ。そうしたら私の好きな​​音楽よりも人々が好む音楽をジョトウンではないかと思った。今回は、周辺で手伝ってくれた。周辺のスタッフも私がしたい音楽をしてみろ応援した。だからもっと力を出した。今回の失敗といってもスタイルでも負けないと私はやりたい音楽をしたい。

▲会社を設立して、 "偉大な誕生"出身ミーガンリーを獲得した。

=本当に大切な友達だ。私が挑戦する新しい世界を開いてくれた。今回のアルバム収録曲 'お兄さん'を一緒に歌った思ったより良い結果が出た。プロデューサーとして他の歌手を作ることがどれだけ大きな喜びを与えるかを知った。自分のスタイルを強調するよりも、その友達の長所を浮上させたい。

▲後輩アイドルのロールモデルとして挙げられる。

=私がむしろ学ぶ点が多い。先輩としてよくしている友達が私を見てロールモデルを求め、たいほど先にしていきたい。最近注目し見る友人は(シーエヌブルー)のチョン·ヨンファだ。音楽に対する態度が真剣だったよ。

▲後輩たちにしたい話はないのか?

=もちろん才能が多いということがよくわかる。しかし、本人を知らせ始めが歌手なのに、その本質を忘れないでほしい。本質を忘れないでやっていく音楽が変質されない。

▲結婚をしてパパになったし会社を設立して後輩を養成した。特に変化が多く時点だ。

=再起動する時点だ。結婚もして会社も作って子供を見ながら再度ときめくことを感じた。今回のアルバムを出しながらその気持ちがもっと良かった。たくさん入ってほしい。聞いて判断してほしい。賛辞と賞賛もいいが率直な叱責も歓迎です。何でもしようとする歌手として残りたい。

▲キム·テウの10年後の姿はどうだろうか?

=音楽を楽しみながらしているようだ。後輩養成に対する責任感も感じる。エンターテイメント界での成功をゴドォソ3大企画会社のように全国民がみな知っている会社を作るのが夢だ。第音楽的色と感情を後輩たちと共有したいと思う。後輩たちが出て音楽するのが楽しかったら良いだろう。

< 出処 スポーツ韓国 >







 


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。