FNC新社屋建築

  • Day:2012.01.26 00:00
  • Cat:News
 

シエンブルー所属清潭洞に100億台社屋新築



111224-ray.jpg






シエンブルー、FTアイルランド所属会社FNCミュージックは、
ソウル清潭洞に100億台社屋を建設している。

最近の着工を開始してFNCミュージック社屋は、いわゆる清潭洞卵黄地に建てられている。
596.60m ²敷地の土地ゴンシジ黙って80億ウォンに達し、
地上4階地下3階規模だ。新築中のビルを含めると約100億台の不動産の価値を持つ。

FNC社屋が建てられている場所は5分〜10分の距離にSMエンターテイメントをはじめ、
JYPエンターテイメント、キューブエンターテイメントなど
国内の主要なエンターテイメント社が密集している所でもある。

2006年、歌手出身の作曲家兼プロデューサーの漢城号が設立したFNCミュージックは、
FTアイルランドをはじめとして、シエンブルーなど、
国内のアイドルバンドのデビューダンス一色の国内歌謡界に新しいタイプのアイドルを成功させた。
これらは現在、国内だけでなく日本などアジア全域で爆発的な人気を享受している。

FNCミュージックは、短い歴史のマネージメント社であるにもかかわらず、
業界では比較的内実がしっかりした企業に評価されている。
特に、FNCミュージックは、子会社で、実用音楽学であるFNCアカデミー設立、
アーティストのアルバム製作とマネジメントに依存することなく、
収益構造を多様化するなど、新たなビジネスモデルを提示しながら、
業界の注目を浴びた。

FNCアカデミーでは、弘大と江南(カンナム)に位置し、
弘大の場合、江北で最大規模と施設を持つ実用音楽学院でもある。
最高レベルの専門講師陣を起用し、所属歌手たちのトレーニングをはじめ、
新人発掘の場として利用している。




 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。